せどりの仕入れで失敗しない!おすすめの仕入れ先とチェックポイントを伝授

せどりの仕入れで失敗しない!おすすめの仕入れ先とチェックポイント

せどりのキモは「いかに利益の取れる商品を仕入れるか」ということです。そのためには、売れる商品を安く買える仕入れ先を見つけることが重要になりますよね。

ですが、仕入れができるショップは無限にあるので、良い仕入れ先を見つけるまでが一苦労です。そこで、電脳せどり、店舗せどりそれぞれの、利益が出る商品をゲットできるおすすめの仕入れ先をまとめてみました。

仕入れの判断に役立つツールや、仕入れの判断のコツも紹介しているので、仕入れを効率化したいせどらーはぜひチェックしてみてください。

Contents

せどりは仕入れが命!おすすめの仕入れ先をリストアップ

せどりは仕入れが命!おすすめの仕入れ先リストアップ

比較的メジャーで、利益商品が見つかりやすい仕入れ先をピックアップしました。まずは電脳せどりの仕入れ先、次に店舗せどりのおすすめ仕入れ先をご紹介していきます。

※中古品を仕入れて転売する際は、古物商許可が必要になります。違反すると3年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科せられる可能性がありますので、必ず許可を取得するようにしましょう。

電脳せどりのおすすめ仕入れ先

家にいながら全国のショップから仕入れができる電脳せどり。どこにいてもできる分競合は多く、どのショップを選ぶかが重要です。

楽天市場|ポイントでも稼げるのが強み

楽天市場

Amazonに出品されているものと大きな価格差があるわけではありませんが、楽天会員になって商品を購入すると、購入価格の1%分ポイントがつきます。1ポイント=1円換算でショッピングに使えるため、単純に付与されたポイント分安く仕入れることが可能です。

また、楽天の関連サービスに加入することで、ポイントの還元率を最大16%まで上げることができます。還元率が16%であれば、10,000円のものを仕入れて同じ価格でしか売れなかったとしても、ポイント分の1,600円が利益になります。

仕入れられる商品の多さや、ポイント還元が魅力的な仕入れ先です。

フリマサイト|お宝商品や高利益商品が見つかるかも!

メルカリ

メルカリやラクマなどのフリマサイトも仕入れ先の定番です。せどりをしていない一般の人が出品している商品が多く、値付けが甘いものが見つかりやすいです。同じ商品でもAmazonの半額くらいで出品されていることがあります。

また、メルカリの場合は出品者と直接価格交渉することもできるので、利益が出る価格まで値下げしてもらえることも。

ツールを使えば、複数のフリマサイトを横断して手軽に比較することも可能なので、とりあえずチェックしておいて損はない仕入れ先です。

オークションサイト|入札が少ない商品なら安く仕入れが可能

ヤフオク

ヤフオク!などのオークションサイトも、定番の仕入れ先です。入札が多い人気の商品にはうまみがありませんが、入札が少ない商品の場合、相場より安い価格で落札できることがあります。ひっそり後ろのほうのページにある、入札0件のようなものが狙い目です。

ただし、入札からオークション終了までタイムラグがあるため、商品が届くまで時間がかかるのがネックになります。

ブックオフオンライン|店員さんの目を気にせずに思う存分本せどり

ブックオフオンライン

本のせどりをするならまずチェックしたい仕入れ先。実店舗だと店員さんの目が気になってはかどらないという方は、ぜひオンラインショップの方を見てみてください。

Amazonの販売価格と差がある書籍を見つけても、在庫がないことがあるので、ブックマーク機能やお知らせ機能を活用してこまめに確認するようにしましょう。

どんぐり共和国 そらのうえ店|プレ値になるキャラグッズの仕入れ先

どんぐり共和国そらのうえ店

どんぐり共和国はスタジオジブリのグッズを専門に扱っているオンラインショップです。ジブリのグッズは根強いファンが多く、すぐに人気が廃れることがない上プレミア価格になることもしばしば。高利益商品をゲットできるチャンスがあり、注目の仕入れ先です。

ちなみに、ヴィレッジヴァンガードにもどんぐり共和国と同じグッズが売っていることがあるので、そらのうえ店(オンラインショップ)や実店舗で品切れしていた時に当たってみるといいですよ。

また、店舗で売り切れているものは人気商品の可能性が高いので、そらのうえ店に在庫があれば仕入れるのも手です。

クーポンサイトjp|最大90%引きも!クーポンいっき見サイト

クーポンサイトjp

10社のクーポン共同購入サイトをイッキ見できるまとめサイトです。定価から90%近く値引きされているようなアイテムもあり、モノによってはかなり安く仕入れることが可能です。

グルメやレジャーのクーポンが多く若干商品検索が面倒なのと、扱っている商品に偏りがあるのが玉にキズですが、仕入れ値の安さは折り紙付きです。

ジモティー|元手0円で仕入れができる

ジモティー

ジモティーでは利用者が処分の面倒なものを0円で譲渡しており、これを利用すれば無料で仕入れができます。

ただし、地元なだけあって品物が手渡しになることも多く、取りに行くのに手間がかかります。また、あくまで譲渡になるので品質には期待できません。箱や説明書が残っていることはまずないですし、難ありであることがほとんどです。0円なので赤字になることはないですが、コンディションが悪すぎて不良在庫化する懸念も。

元手を作るために一時的に仕入れ先にするのはアリですが、継続的にここから仕入れるのはおすすめしません。

店舗せどりのおすすめ仕入れ先

次に、店舗せどりのおすすめ仕入れ先をご紹介します。店舗の場合は足を運ぶ苦労はありますが、電脳せどりのように全国のせどらーが競合する可能性がありません。場所によっては穴場になっている可能性もありますので、近場に店舗があればぜひチェックしてみましょう。

リサイクルショップ|本から家電まで仕入れ可能

bookoff

ブックオフやハードオフといったリサイクルショップは定番の仕入れ先です。書籍の他に家電製品やDVD、フィギュアなども販売されています。電化製品やセット本コーナー、100円コミックコーナーは利益商品が見つかりやすい傾向です。

狙い目は年に数回ある全店的なセールですが、店舗によっては独自のセールを行っている場合もあるので最寄りの店舗のニュースをチェックしておくのがおすすめです。

また、全国展開しているようなリサイクルショップの他、個人経営のお店も近くにあれば見ておきたいところ。扱っている商品は限られますが、ネットの販売価格を参考にしておらず、値付けが甘いこともあるので、運が良ければ高利益の商品がゲットできるかもしれません

ただし、店舗によってはバーコードリーダーの使用を禁止していることがあります。ルールを守って利用するようにしましょう。

家電量販店

ヤマダ電機

ヤマダ電機やエディオンなどの家電量販店は、家電せどりの仕入れに欠かせません。アウトレットコーナーに出ている在庫処分品などは、プレミア化しているものや、Amazonに比べてかなりの安値で販売されているものが多く、狙い目です。

また、多くの店舗は独自のポイント制度があり、購入価格の10%前後がポイントとして還元されることが多いです。意外と値下げに応じてくれることも多いため、値札以上にお得に仕入れられます。家電は需要が安定していて利益率も高めな傾向にあるため、人気商品です。元手があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

家電量販店の中にはせどりに厳しい店舗もあります。中でもヨドバシカメラは転売対策に力を入れていて、あまり仕入れにはおすすめできません。販売制限がかかることもあり、1店舗で同じ商品を何点も仕入れるのが難しいです。

トイザらス|ホビーの定番仕入れ先

トイザらス

おもちゃ類の定番の仕入れ先で、競合相手も多いですが儲かる商品も多いです。クリアランスコーナーや期間限定のお買い得商品をチェックするのがおすすめ。

一斉に多数の商品が値引きされるクリスマス商戦の時期や、クーポンが配られる年末年始が仕入れの狙い時です。クーポンはフリマサイトに安く売りに出されていることもあります。

古本市場|新品も買える古本屋

古本市場

近くにあればぜひチェックしておきたいのが古本市場。ブックオフとは値付けの基準が異なり、ブックオフでは高い商品が安く売っていることがあります。また、中古だけでなく新品も扱っているので、人気商品の予約転売にも使えます。

仕入れ時は中古商品が安くなるふるいちの日(毎月21日)と、決算月(2月)までのセール期間です。

ドン・キホーテ

ドン・キホーテ

「驚安の殿堂」というだけあり、Amazon販売価格より安値で売られている商品が多く、仕入れ先として使えます。「商品数が多すぎて利益商品を見つけるのが大変なのでは?」と思うかもしれませんが、基本的に「驚安、最驚安ポップ」「大幅値下げポップ」「切りのいい価格のポップ」をチェックすればOK。

さらに店内で発券できるクーポンや、ドンキオリジナルの電子マネー「majica」のポイント(チャージすると1%付与、1ポイント=1円)や会員限定特別価格を利用すれば値札よりさらに安く仕入れることができます。

ただ、商品配置がごちゃごちゃしていて通路が狭いため、店内で動き回って商品を探すだけで若干ストレスが溜まるのが難点。隅から隅まで見ていると面倒くさいので、見るべきポップだけチェック、利益商品が仕入れられないコーナー(衣料品や日用品類)はスルーして、メリハリをつけてリサーチするのがコツです。

仕入れの判断にはツールを活用しよう!仕入れ効率化ツールを紹介

仕入れの判断にはツールを活用!仕入れ効率化ツールを紹介

ツールを使えば、勘と経験に頼らずとも、短時間で仕入れの判断ができるようになります。むしろ、ツールを使わずせどりで稼ぐのは無理と言っても過言ではありません。

電脳せどりと店舗せどりで、それぞれ役立つツールをピックアップしました。

デルタトレーサー|KeepaグラフもFBAシミュレーターも確認できる万能ツール

デルタトレーサー

主に電脳せどりに役立つGoogleChromeの拡張機能で、商品のランキングや価格、出品数のチェック、Amazon以外のショッピングサイトとの価格比較ができます。

Keepaグラフを表示させることができ、グラフで推移も追えます。商品の価格は中古も新品も両方確認可能です。

さらにFBAシミュレーターに遷移する機能もあるため、利益の計算までできちゃいます。仕入れの時短にとても役立つツールです。

デルタトレーサー公式サイト

モノサーチ|リンクカスタマイズが便利な電脳仕入れツール

モノサーチ

電脳せどりの時短になる機能が盛りだくさんのツールです。Amazonの商品情報を開いた時に、自動でASINやランキングを表示させます。ライバルセラーのIDや在庫数なども一目でわかるようになり、リサーチがはかどること間違いなしです。

また、Amazon以外のショッピングサイトへ飛ぶリンクも追加されるのですが、リンク先は自分で自由にカスタマイズすることが可能です。類似のツールでは、楽天やYahoo!ショッピングなどのメジャーなサイトにしか遷移できない、ということが多いですがモノサーチは自由度が高く、ありがたい機能ですよね。

モノサーチ公式サイト

XDEALER.PRO|ライバルセラーの販売実績丸わかりツール

xdealerpro

ライバルセラーの調査に特化している拡張機能です。出品者の一覧画面に在庫数や直近の入荷数、出荷数が表示され、販売実績を丸裸にできます。グラフで推移も見られますし、もちろん販売価格もわかります。

ライバルセラーについて詳しく調べるのが好きなタイプのせどらーに特におすすめしたいツールです。

せどりすと|店舗せどりに必須の神ツール

せどりすと

店舗せどりにマストなバーコードの読み取り、商品検索、粗利の計算から、Amazonへの出品まで行えるツールです。仕入れに必要な機能が一通り揃っていて、しかも無料なので多くの店舗せどらーから支持されています。有料版のせどりすとプロにアップグレードすれば、広告の表示がなくなり機能もさらに増えます。

「せどりすと」はiPhone専用ツールです。Android版は「せどろいど」という名前でリリースされているので、検索する時は注意。

せどりすとプレミアム

せどりすとプレミアム
開発元:Orela.org
無料
posted withアプリーチ

アマコード|インストアコードも対応のバーコード読み取りアプリ

アマコード

店舗せどり用のバーコード読み取りアプリです。JANコードやISBNに加えて、インストアコードの読み取りにも対応しています。Amazonのカート価格やランキング情報もアプリ内で確認できるので、色々なツールを行ったり来たりする必要がありません。利益の計算も即座に行われます。

Android版もありますが、起動するとすぐに落ちるなど使い物にならないというレビューが多いです。基本的にはiPhoneでの利用をおすすめします。

Amacode - セラー専用リサーチツール

Amacode – セラー専用リサーチツール
開発元:Trust Effort, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ロケスマ|近くの店舗をまとめて探せる地図アプリ

ロケスマ

Googleマップ上にお店のアイコンを表示してくれるアプリで、店舗せどりの仕入れ先を探すときに重宝します。「リサイクルショップ」などお店の種類で検索すると、ブックオフや古本市場をアイコン付きでまとめて地図に表示してくれます。ロケスマがあれば、「(地名) ブックオフ」などで一回一回検索しなくて済みます。もちろん営業時間の情報などもチェック可能です。

カフェやコンビニなど様々なお店が検索できるので、せどり以外に土地勘のないところでお店を探すときなども使えます。

ロケスマ

ロケスマ
開発元:Digital Advantage Corp.
無料
posted withアプリーチ

honto|色んな書店の在庫がまとめてわかる本せどり向けツール

honto

hontoは複数の書店をまたいで書籍の在庫を確認したり、書店受け取りの予約ができたりするサイトです。オンラインショップで在庫が切れていて仕入れられない時や、店舗に行く前に予め在庫をチェックしておきたい時におすすめです。

注文した書籍は現在、丸善、ジュンク堂、文教堂の3つの書店で受け取り可能で、同様のサービスの中では最も店舗数が多くなっています。

honto公式サイト

仕入れに失敗しないための3つのチェックポイント

仕入れに失敗しないための3つのチェックポイント
仕入れるべき商品は「売れて」「利益が出る」ものです。これがいわゆる利益商品で、これをゲットして初めてせどりで稼ぐことができます。利益商品を見つけるために、見るべきポイントを解説します。

販売履歴をチェックしよう

デルタトレーサーなどのツールを使って、これまでの販売履歴(ランキング)を確認しましょう。直近の3ヵ月で1,2個、または全く売れていないような商品の場合、今後も売れる可能性が低いです。売れたとしても回転率が低くいつ売り上げになるかわかりませんので、避けるのが無難です。

一般的な目安としては3ヵ月に10個以上売れてるものが良い、と言われています。価格差だけで判断せず、「どれくらいの期間で何個売れるか」という回転率も考えるのが重要です。

価格の推移をチェックしよう

デルタトレーサーなどで過去の販売価格を確認し、売値の当たりを付けましょう。売値の当たりを付ければ価格差がとれるかどうかも自ずと分かりますよね。その後はFBAシミュレーターなどで手数料なども考慮して利益を計算し、仕入れるかどうか判断しましょう。

また、販売価格を考えるときは販売履歴と照らし合わせて見るのがポイントです。売値がいくらの時にランキングが上がっている(売れている)のかを見れば、現実的な売れる価格もわかってきます。

仕入れのタイミングに気を付けよう

電脳でも店舗でも、仕入れ先のセールやキャンペーンのタイミングを積極的に利用するようにしましょう。値引きされるタイミングで仕入れれれば、その分確保できる利益が多くなります。ポイント還元率の高いキャンペーン中なども同様です。

電脳せどりの場合は、仕入れ先のSNSなどをフォローして情報を見落とさないようにするのがおすすめです。店舗の場合は各店オリジナルのセールなどもあるので、お店のPOPやチラシにも目を光らせておきたいところですね。

まとめ|利益商品をゲットできる仕入れ先をマネして、ツールで仕入れを効率化しよう

利益商品をゲッチできる仕入れ先をマネしよう

せどりで稼ぐには仕入れが命!ということで、電脳せどり、店舗せどりそれぞれのオススメ仕入れ先をご紹介しました。これらの店舗をチェックしつつ、ツールでデータを集めれば効率的、かつ確度の高い仕入れができるようになります。

もちろん、他にも店舗はたくさんありますので、自分の足(もしくはネットサーフィン)でコツコツ仕入れ先を開拓するのも良いと思います。ただ、出品されている商品や値付けの傾向を把握して、よい仕入れ先だと判断できるようになるまでは、膨大な時間と手間がかかってしまいますよね。ですから、まずは今回紹介しているような、先人がオススメする仕入れ先を回ってみるのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です