AmazonせどりツールD-Plus(ディープラス)の口コミ・評判はどう?メリット、デメリットまとめ

AmazonせどりツールD-Plus(ディープラス)の口コミ・評判はどう?メリット、デメリットまとめ

価格改定ツールや管理ツールについて調べたことがある人なら、一度は「D-Plus(ディープラス)」という名前を見かけたことがあるのではないでしょうか。

マカドやプライスターと比べると価格が安いので、気になっている人も多いと思います。ですが、そこまでメジャーなツールではないこともあり、事前に口コミや評判をしっかりチェックしておきたいですよね。

そこで、D-Plusの口コミや評判、メリットデメリットなどをまとめてみました。

D-Plus(ディープラス)ってどんなツール?

D-Plus(ディープラス)ってどんなツール?
D-Plusは、株式会社NOVASTOが販売するAmazonせどりの総合管理ツールです。高速の一括出品、自動価格改定、サンクスメールの自動配信、受注管理、売上管理など、「あったら楽」な機能をたくさん盛り込んだツールになっています。

月額利用料金はライトプランで3,980円/月、スタンダードプランなら5,980円/月、プロで9,980円/月~です。さらに、使える機能はかなり限られますが、タダで使える無料プランも用意されています。無料で価格改定機能のあるツールを使えることはなかなかないので嬉しいですね。

ライトプランでも2000商品までは価格改定ができるので、「ライトプランで十分使える」という声もあります。ライトプランは3,980円なので、似た機能のツールと比較するとCappyと同額、マカドやプライスターより1,000円以上低い価格です。コスパに定評があるのも頷けますね。

スタンダードプランまでアップグレードすると少し高く感じますが、海外Amazonにも対応するようになるなど、使える機能も大きく増えます。

販売元 株式会社NOVASTO
導入実績 非公開
価格 5,980円/月(スタンダードプランの場合)

30日間無料

公式サイト https://dplus-tools.com/lp/

Amazonせどりに役立つD-Plus(ディープラス)の便利な機能

Amazonせどりに役立つD-Plus(ディープラス)の便利な機能
様々な機能を持つD-Plus中でも、特にAmazonセラーから評価の高いものをご紹介します。

商品価格のトラッキング機能

D-Plusでは、今まで出品したことのある商品の価格やランキングをトラッキングし、特定の条件を満たしたらお知らせが来るように設定できます。すると、在庫が切れた商品やプレミアになった商品などを漏らさず、迅速に把握することができるようになるため、効率良く利益の出る商品を仕入れられます。

主要な価格改定ツールの中では、D-Plusだけが備わっている機能です。

無料ツールのKeepaでも同じようなことができますが、なるべくひとつのツールに機能を集約したいという方にはおすすめ。

操作も入力も一括でできる!高速一括出品機能

出品テンプレートの選択とバーコードの読み込みだけで完了する、超簡単な高速出品機能が好評です。

コンディションによって出品時のテンプレートの文章が設定できるので、出品がツール導入前の10分の一の時間で終わるようになった、という声も寄せられています。D-Plus公式によれば、100商品の出品も4分で終了するとか。

価格は、ライバルを参考にしてD-plusが自動で入力、ポイントや仕入れ値の設定は最後にまとめて「販売価格の〇%」というボタンを押せば完了です。

避けては通れない出品作業の手間をかなり簡略化してくれるため、あらゆるAmazonセラーが便利さを実感できる部分ではないでしょうか。

マニュアルがいらないくらい設計がシンプル

D-plusは「マニュアルを見なくても使える」と言われるほど設計やインターフェースがシンプルで、直感的に操作することが可能です。

さらにサポートブログも開設されていて、使い方や設定の仕方、アップデート情報などをチェックできます。使い方記事の中には動画も埋め込まれており、実際の画面上で操作する様子を見られます。

また、もしサポートブログを見てもわからないことがある場合は、メールや
LINE@の公式アカウントで質問することも可能です。色々なチャネルからサポートを受けられるので安心ですね。48時間以内に返信対応とのことで、スピード感があるのも嬉しいポイント。

D-Plusの口コミ・評価は上々!

D-Plus(ディープラス)の口コミ・評判は上々!
D-Plusの口コミには以下のようなものがありました。

サンクスメールの自動送信機能のお陰で、大幅に評価コメントが増えた!
価格改定の反応がものすごく速くて関心した。回転率が非常に良くなり、上手く現金化できている。

ボタン配置や見やすいインターフェースなど、本当にかゆいところに手が届いている。価格も安くてありがたい。

やはり、サンクスメールの自動配信機能や操作性、インターフェースの使いやすさに関する口コミが多く寄せられていました。

特にインターフェースについては、複数アカウントの切り替えをした時にテーマカラーが変わるためミスしにくい、PCが苦手なスタッフでもすぐに覚えられた、などと様々な利用者から高評価を得ています。

D-Plusを導入する際のデメリット

D-Plus(ディープラス)を導入する際のデメリット
口コミは概ね高評価なD-Plusですが、一部多くの価格改定ツールに備わっていてD-Plusにない機能もあります。

  • 商品価格のみの価格改定(ポイントを加味しない)
  • Amazon直販価格を除外して価格改定
  • CSVでの売上データダウンロード

価格改定機能はやはりマカドやアマストリームなどに軍配が上がりそうですね。

機能以外の面では、アップデートがあまり頻繁ではないという点がデメリットと言えそうです。サポートブログを見る限り、最後のアップデートは2018年の4月となっています(2020年6月時点)。丸2年以上アップデートがない状態が続いていることから、今後も新機能の実装や既存機能の改修の頻度は低そうです。

まとめ|D-Plus(ディープラス)の口コミは好評!使いやすさと安さに定評アリ

D-Plus(ディープラス)の口コミは好評!使いやすさと安さに定評アリ
D-Plusはライトプランのコスパの良さやインターフェースの使いやすさの評価が高く、概ね良い口コミが寄せられているツールということが分かりました。

一方、大半のツールでできることが一部できない、ということもあるので、お試し期間を利用して使い勝手を試してみるのが良さそうです。

D-Plus(ディープラス)の公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です