Amazonを装った詐欺メールの見分け方│あなたのアカウントは停止されました

Amazon 詐欺メール

Amazonを装った詐欺メールが横行しているので皆さん注意してください。

さすがに物販している人で引っかかる人はいないと思ってたんですが、真贋調査関連でみんなピリピリしているらしく、引っかかった人がいたので、見破り方を説明していきます。

アカウント停止を防ぐために

Amazonを装ったフィッシングなどの主な手口

Amazon フィッシング手口

  • 料金が未納と謳い請求
  • 情報の更新の偽依頼
  • Amazonを装って、詐欺サイトへ誘導
  • 添付ファイルやソフトウェアにウィルスが仕組まれてる
  • メール文が意味不明・誤字だらけの何がしたいかわからないもの

このような切り口でだまそうとしてくるのが一般的なようです。

Amazon詐欺メールの見破り方

Amazon詐欺メールの見破り方

見破り方めちゃくちゃ簡単です。

  1. 日本語がおかしくないか確認する
  2. メールアドレスをチェック
  3. 誘導しているサイトのドメインをチェック

この3点を見ればどこかしらに、おかしい点が出ています。

それぞれ説明していきますね。

Amazon詐欺メールの日本語がおかしくないか確認する

Amazon詐欺メールの日本語がおかしくないか確認する

見てください。よーく読むと日本語おかしいところだらけじゃないですか?

極めつけはロゴがAmazonのロゴのしたに本来ないはずのプライムという表記がありますが実際はないです。

Amazon詐欺メールのメールアドレスをチェック

ニセモノAmazonからのメールはメールアドレスが結構ひどいことになっています。

この点からもニセモノのAmazonだということを看破できますね。

下記以外からメールが来たらニセモノの可能性がかなり高いです。

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

Amazon詐欺メールで誘導しているサイトのドメインをチェック

サイトのドメイン(≒URL)を見てみましょう。

https://www.amazon.co.jp/

これが正しいAmazonのドメインで、全く別物はAmazonの詐欺サイトなので注意。

Amazonがアカウントに関するPWやクレカの情報を求めることはない

Amazonのヘルプのページに下記のような記載があります。

注: Amazon.co.jpでは、お客様にご登録のアカウント情報(パスワード、クレジットカード情報など)の開示を求めることはありません。受け取られたEメール、SMS、はがきなどに記載されている連絡先(電話番号、URLなど)に連絡しないようご注意ください。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazonを装った詐欺や怪しいメール・SMSを受けっとた際は、上記を判断基準委しましょう。

上記の記載がありますので、アカウント情報をいきなりメールで求めてくるものはすべて詐欺です。

Amazonを装う詐欺サイトにアクセスしたらどうなるの?

もし詐欺サイトにアクセスしたら、クレジットカードなどの番号などあなたの大切な情報を求められることがほとんどです。

入力してしまった場合は、急いでクレジットカード会社に問い合わせましょう。

Amazonを語る詐欺対策のまとめ

Amazonからアカウント情報(パスワード、クレジットカード情報など)の開示を求めることはありません。

ということがすべてです。情報をメールやSMSで、開示・変更などを求めてくるものはAmazonではなくても基本的に怪しいです。

絶対に個人情報を入力しないようにしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です