真贋調査における仕入れ先の正規店証明についてまとめてみた

Amazonで販売をしていると『真贋調査』が原因でAmazonでの販売をやめたという人をかなりたくさん目にします。

特に初心者狩りのような形で、Amazonでの販売歴がまだ浅い出品者に対して真贋調査が多発しています。

せっかくうまくいった、せどりや輸入も真贋調査をうまく乗り切らないと、Amazonでの販売が成り立たない時代になってきました。

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

ご利用のAmazon出品用アカウントを一時的に閉鎖し、出品情報を削除させていただきました。以下の問題が解決されるまで、出品者様へのお振込みは保留されますが、アカウント残高はそのままとなります。

この措置の理由
以下の理由により、ご利用のAmazon出品用アカウントについて審査を行っております。安心してお買い物をしていただけるようにするために、出品者様に定期的に追加書類のご提供をお願いし、出品者様のアカウント情報と特定商品の真贋を確認しております。

アカウントを再開するにはどうすればよいですか?
出品用アカウントを再開するには、以下の問題にご対応ください。

出品者様は、真贋の可能性がある商品を出品しています。該当の商品のリストを以下に示します。

————————————-
ブランド:〇〇〇
ASIN:〇〇〇
商品名:〇〇〇
————————————-

以下の情報をお送りいただきますようお願いいたします。
— 仕入れ先から発行された、発行日から 365 日以内の請求書、領収書、契約書、配送注文書、または販売許可書の写し。記載されている商品数が出品者様の在庫と一致している必要があります。
— 出品者様がブランド所有者でない場合、販売許可書と、供給プロセスが有効であることを証明する書類一式 (販売許可書を含む)。
— 出品者様がブランド所有者である場合、ブランド登録証明書のコピーと、事業者免許または個人の身分証明書のコピー。
— 仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、Eメール、ウェブサイトを含む)。

ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gif のいずれかの形式でお送りください。これらの書類は、正本であり、改変されていないものである必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、それ以外の情報は明示されている必要があります。仕入れ先の連絡先情報の機密は厳守いたします。

Amazonでは、偽造品の販売は固く禁じられています。
偽造商品の販売に関するAmazonのポリシーについて詳しくは、セラーセントラルの以下のヘルプページをご覧ください。
— Amazon偽造品の取り組み(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201165970)
— 規約・ガイドライン(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/521)

必要な情報の送信方法
該当情報を pq-seller-assessment@amazon.co.jp までお送りください。

必要な情報を送信いただけなかった場合
17日以内に必要な情報をご提供いただけない場合、または異議申し立てが2回不調になった場合(いずれかが先に発生した時点で)、Amazonへの出品ができなくなる可能性がございます。この決定に対する異議申し立てが不調の場合、引き続きお支払いが保留されることがあります。

残高や決済情報は、セラーセントラルの「ペイメント」セクションでご確認いただけます。この件に関するご質問は、payments-funds@amazon.co.jp まで E メールにてお問い合わせください。
アカウントスペシャリスト
http://www.amazon.co.jp

こんなメールが来たらまじで焦りますよね。この記事では、仕入れ先のケースに分けてどのような対応をすればいいか説明をしていきます。

アカウント停止を防ぐために

US Amazonで仕入れた場合の真贋調査で正規店証明はできる?

これは場合によるのですが、OKとみなされる場合があります。

それはこのようなロジックです。

前提として、USに限らずAmazonにはニセモノは売ってない

そのAmazonで仕入れた商品は本物

このようなロジックです。最終的には、アカウントスペシャリストの判断になりますが、このパターンで真贋調査を乗り切ったという事例を何件も目にしています。

JP Amazonで仕入れた場合の真贋調査で正規店証明はできる?

Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品は新品として出品することができません。

中古には基本的に真贋調査はこないですから、JP Amazon仕入れでの購入証明はアウトです。

メーカー・問屋から仕入れた場合の真贋調査で正規店証明はできる?

もちろんOKです。

メーカー・問屋から仕入れた場合はほぼ99%正規品の証明ができます。

仕入れたときに、請求書や領収書のデータが残っているでしょうから、それを提出しましょう。もしなければ発行してもらいましょう。

楽天・ヨドバシ・ヤマダ等のECサイトから仕入れた場合の真贋調査で正規店証明はできる?

請求書や領収書のデータがあればOKです。

ちなみに購入履歴をスクリーンキャスト・スクリーンショットなどでは認められないことが多いです。これは友人などにお願いすればどうとでもなるからですかね。

メルカリ・楽間等のフリマアプリから仕入れた場合の真贋調査で正規店証明はできる?

これは相手が個人の場合が多いので、そもそも領収書を発行してもらうこともなかなか難しいです。

さらにもらったとしても、個人事業主を除く個人から仕入れた商品は新品として出品することは規約違反。

意外と知らない人も多いのですが、個人からのフリマ仕入れで新品コンディションで出品することはNGなんですよね。

そのため、あまりよくないことですが普通にECサイトや公式サイトで売っているような商品が真贋調査で引っかかれば、購入して請求書や領収書として利用する人も多いようです。(推奨はしていません。)

仕入先別・真贋調査の正規店証明対応まとめ

いかがでしたでしょうか?

どの場合においても基本的に請求書・領収書が必要です。

仕入れをする際は必ず、請求書・領収書をもらうことを癖にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です