Amazonアカウント停止はなぜ起こる?原因・対策のすべて: 物販歴10年のベテランが解説

【完全網羅】amazonアカウント停止の原因と対策 Amazonでの販売をする上で一番怖いのが、AmazonアカウントがBANされることですよね。 数年間Amazonで販売していると一度、いや複数回Amazonのアカウントが停止・削除されたことがあるのではないでしょうか? そのような熟練の方は落ち着いて対処することも可能ですが、初めてAmazonからアカウントの停止をくらうとかなり焦りますよね。 でも安心してください。正しい対応・予防をすれば確実に防ぐことができます。事実、私もアカウント停止から復活をしていますし、他にもたくさんアカウント停止から復活した人がいます。 当サイトでは、Amazonの垢BANについてかなり徹底的に解説していきます。ぜひ正しい知識を身に着けてくださいね・

Amazonアカウント停止とは? どうなるの?

Amazonアカウントが停止されると次のリスクがあります。 ・Amazonでの販売停止 ・新規アカウント ・売上金の留保(最大90日間) ・在庫品の返送後の保管 なかでも最悪なのが『売上金の留保』です。Amazonからの売上金の振込が最大90日間遅れます。 それにより、クレジットカードの支払いなどが滞ってしまい信用がなくなることが、アカウント停止の最大のリスクです。

アカウント停止(ペナルティー)の種類

Amazonのアカウント停止になってしまう際にも種類があります。 その内容はAmazonアカウントスペシャリスト(アカスペ)から届く内容によって主に4つの状態に分けられます。 アカウスペから送られてくる内容によって対策変わってくるので、よく読んで対応を検討しなければなりません、中には一発レッドカードようなものもあるので注意です。

適切に対処しないと危険:アマゾンからの警告

【このたび出品者様より発送された商品について、購入者より寄せられたご連絡を調査した結果、出品者様の出品アカウントを一時停止いたしました。】 この状態であれば、正しい対策を17日以内に行えば、アカウントの停止から復活する可能性が高いです。

油断大敵きたらびっくり:アカウント審査

アカウントの審査に関しては、具体的な基準は公開されていません。あまりない事例だからこそ、アカスペからアカウント審査を通知するメールが来ると驚いて対応が後手に回る方が多いです。 例えば『評価が著しく悪い』や『アカウントヘルス(アカウント健全性)が悪い』または『月に1000個販売してるが評価0』など、なにか不自然な状況の際にアカウント審査が入る場合があると言われています。 アカウント審査の結果によっては、もちろん『アカウント停止』や『アカウント閉鎖』に陥ります。 *アカウント審査の場合はまだ販売はできますが、入金は留保されてしまします。

まだ少し希望がある:アカウント停止

誰もが一度は通る道のアカウント停止です。「Amazonからの重要なお知らせ」といった件名で、Amazonからメールが送られてきます。 ここで停止したアカウントは、 内部リンク:アカウント停止になってしまったらどうする?対策をまとめてみた

これが来たらおしまい:アカウント閉鎖(削除)

正直に言います。アカウント閉鎖になったら、そのアカウントは諦めたほうが余計な労力を使わないでいいかもしれません。 アカウント閉鎖は停止ではなく『閉鎖(=削除)』なので、閉鎖からの復活はほぼ99%無理です。 この状態になってしまっても、いちおうセラーセントラルへログインや、販売できない在庫の状況や、もう更新されることのないペイメント情報が確認できます。虚しくなりますね。 ただ一点だけ、アカウント閉鎖の状態でもマルチチャネルは利用可能なんですよね(笑)これにはさすがAmazonと言わざるを得ません。(50円×個数で在庫の返送も可能)

amazon アカウント停止の原因は大きく2つ

大きく下記の2つが要因です 規約違反 アカウントヘルスの悪化

Amazonアカウント停止を復活させてくれるおすすめサービス ~選

やはりこの手のセンシティブな対応を間違えると取り返しが付かないことは専門家に任せるのが安心安全と考える人が多いのか、アカウント停止復活サポートや、サスペンド(USのAmazonでのアカウント停止の呼び方)解除サービスなるものがいくつか存在します。 今日はその中でもおすすめのサービスを上から順に紹介していきます。

 

1位:法人で運営されており予防もできるSeller Sket

公式サイト: こちらのサービスが一番オススメです。理由はもちろんプロがAmazonアカウント停止の対応をしてくれることはもちろん、アカウント停止の予防にまでサービスを広げてくれたサービスだからです。とりあえず解除だけするよってサービスより予防もできるぜってサービスのほうがレベルが高そうですよね。

2位:Google広告を出していた:ひよこは旅をする

公式サイト:https://hibi-create.com/suspend/ 値段:138,000円(全額返金保証なし) こちらもブログです。サイトはブログなので見やすかったです。ただ他のところと比べると、少し情報量が少ないと感じました。 サポートはまあまあしっかりしているなと思いました。ただもしサービスが良いのであれば口コミで広がりそうかなと。Google広告をだしていたので、少し営業職をかんじたのでこの順位に。

3位:検索1位にいた読者が稼げているマツケン公式ブログ

公式サイト:http://semista.com/archives/4539 値段:158,000(全額返金保証なし) 実績150件 成功率84%とのことです。10人いたら2人失敗するという考えもあると思いますが、 まずブログ記事なのですが、2019年5月08日時点の本文中では記事のTOPで『実績150件 成功率84%』とのこでしたが、本文中では実績が200件以上になってました。 個人的には、この数字の違いが気になったので2位しました。

4位:.アメリカのサイト?:Happy Amazon Seller

https://www.happyamazonseller.com/ ちょっとページが見にくいですし、元はあまりかのサイト?JPとUSは使用も違うので、その国その国で反映されたルールが違います。US Amazonのアカウント停止なら一番オススメできる可能性はありますが、JPの場合は他のほうがいいかなと思いました。

5位:特に特徴なし:株式会社hibiki

公式サイト:https://peraichi.com/landing_pages/view/amazon-solution 値段:138,000円 株式会社hibikiさんが運営されているようです。LINEに誘導されているようです。他のページと比べると本当に端的に作られていて、熱量を感じなかったためこの順位にさせていただきました。

6位:海外も対応:黒船物流

公式サイト: http://xn--3d1aq99c.jp/%E9%BB%92%E8%88%B9%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B4%B9%E4%BB%8B/amazon%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%89%E8%A7%A3%E9%99%A4%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/ 値段:手付金+作業費(全額返金保証なし) 2017年のことが書いてあり現在は申込み停止中です。いまはメルマガの誘導のみがある感じです。

7位:ココナラに出品:Amazonサスペンド解除サービスいたします

URL:https://coconala.com/services/231877

値段:200,000年(全額返金保証などは不明) 販売実績は1件でした。なので再開の評価とさせていただきました。大手のサービスを通しているので、成功しなかった場合は返金などしてもらえる可能性が高いです。 H2 アカウント停止になってしまったら? 上記に違反して、アカウント停止になった場合 H3 アカウント停止の場合 H3 通知メールを確認する H3 違反内容の改善 H3 業務改善報告書 H3 再開を待つ

一度アカウントが閉鎖すると絶望的?対策はある?

前述したようにアカウント停止からの復活はできますが、アカウント閉鎖からの復活は1%以下と言われています。 そこでスパム的な考え方の人は規約違反的に、複数アカウントの所持を推奨・提案しますが、それでは根本的な解決にはなりません。 どこかのタイミングでアカウントが止まってしますでしょう。 ここで必要になるのが、Amazonの規約に対する正しい知識と、最新の状況に対応する情報網です。個人ではなかなか情報網を構築するのは難しいですが、Seller Sketさんを利用すればそれが可能だと思いました。

amazonアカウント停止の原因と対策のまとめ

Amazonでの販売において、アカウントを停止・閉鎖から守ることはとても重要ですね。 最新の情報が集まる、人脈や情報収集の能力、経験などがあればいいですが、実際にはかなり難しいです。 過去の3000を超えるAmazon及びメーカー取り締まりのデータを持つセラースケットを使うことで、最新の情報を得て(予防)、もしものときは専門家によるサポート(対策)がつくので月額も安いですしまかせたほうが安心かなと思ってます。

amazonアカウントについての関連記事まとめ

H2 アカウントヘルス系 H3 パフォーマンスのチェックリスト H3 購入者評価 H3 カスタマーレビュー H3 複数アカウント H3 違法品 H3 不正登録 H2 規約違反系 H3 アマゾン アカウント停止 知的財産権 Amazonの知的財産権の侵害とはどうゆうことか H3真贋に調査によるアカウント停止 内部リンク:Amazonの知的財産権 侵害について詳しく知る H3 Amazon 限定商品の複数購入・販売 H3 Amazon 限定商品の予約販売 H3同人誌の販売 H3 FBA禁止商品の取り扱い H3並行輸入品を国内正規品として販売. H3新品の本を定価以外の価格に設定 H3無在庫販売 H3納品時の規約違反系 H3商品コンディション系 ので私もベータテストのときから参加させていただいています。 アカウント停止はほんとに怖い…ほんとに夜も眠れなくなります。 Amazonアカウントが閉鎖をされてしまうと売上金が90日以上留保され、商品の仕入代金を支払うことができない危険が発生します。 売上金の留保でキャッシュフローが悪くなり、 アカウント停止はほんとに怖い。 予防が一番大事という結論でセラースケットをオススメする 1 Amazonアカウント停止・削除(垢BAN)とは 1.1 Amazonアカウント停止とは 1.2 Amazonアカウント削除(閉鎖)とは 1.3 Amazonアカウント審査とは 2 Amazonアカウントが停止・削除になる原因 2.1 Amazon顧客満足指数の低下 2.2 Amazonの規約違反 2.3 アカウント審査になる原因 2.4 閉鎖アカウントの紐づき アカウント再作成は可能か